【モデルY&アリアのライバル】ポルシェが売れ筋マカンのEVモデルの公道テストスタート 2023年発売開始確定

ポルシェ

電気自動車で大成功中のポルシェがさらに攻める

ポルシェが電気自動車第3弾として、ポルシェのエントリーモデルでもあるマカンの電気自動車バージョンの開発が目下進行中であり、実際の公道テストもスタートしました。

まず今回のポルシェに関してですが、実は世界最大級の自動車グループであるフォルクスワーゲングループの傘下に所属していて、そのフォルクスワーゲングループに関しては現在最も電動化にコミットしている状況でもあり、主力ブランドであるフォルクスワーゲンやアウディについてはすでに複数車種の電気自動車を市場に投入している状況となっているのですが、

今回フォーカスしたい高級車ブランドであるポルシェに関しても全く同様に新型電気自動車を発売し、それがスポーツセダンであるタイカンとなっていて、2019年の秋から発売が開始され、我々日本市場においても2020年末から発売が開始されていたこのタイカンに関しては、特に新型コロナウイルスによる世界的な経済の落ち込みというマイナス要因がありながらも、想定を大幅に超える販売台数を達成していて、途中その生産キャパシティが全く追いつかないことを理由に、同じグループであるアウディの従業員をタイカンの生産ラインにヘルプに行かせるという珍事も発生していたくらいだったのです。

そして、今年である2021年に突入してからはそのスポーツセダンであるタイカンの派生版として、スポーツワゴンというセグメントに該当するタイカンクロスツーリズモのワールドプレミアも開催し、その予測を超える電気自動車需要をさらに取り込める体制を強化している最中となっているのですが、

そのような状況において今回新たに明らかになってきたことというのが、そのポルシェ第三の電気自動車として、ポルシェブランドのエントリーモデルであるマカンの電気自動車バージョンの開発が目下進行中であり、ようやくコンピューター上のシミュレーションを完了させ、ついに公道でのテスト走行を開始するというアナウンスを行ってきたのです。

今回のマカンに関してですが、特に注目すべきは、高級車ブランドであるポルシェのエントリーモデルということであり、私の住んでいる超大都会である埼玉県では、ポルシェで見かける車の大半がこのマカンであり(埼玉をディスっているわけではありません)、さらにその上、このマカンはミッドサイズ級のSUVセグメントに該当するのですが、このミッドサイズSUVセグメントというのは現在世界的に人気のセグメントともなっていて、しかも電気自動車という観点においてもそれは全く同様であり、すでに発売をスタートして1年以上が経過しその販売が絶好調であるテスラ のモデルYを筆頭に、フォードのマスタングマックE、フォルクスワーゲンのID.4、アウディのQ4 e-tron、ヒュンダイのIONIQ5、キアのEV6、さらに日本勢からもスバルのソルテラ、トヨタのBZ4X、そして日産のアリアなどなど、

とにかく電気自動車として最も暑いセグメントともなっていますので、ポルシェのエントリーモデルとして最も購入しやすく、しかも電気自動車の購入を検討する際に、現状最も注目されるミッドサイズ級のセグメントであるということを勘案すると、やはり今回のマカンEVに特に期待してしまうのは私だけでしょうか?

ちなみに、今回のアナウンスに際してポルシェ側が特に強調しているのが、今回のマカンEVで注力しているのがその満充電あたりの航続距離を高めるための空力性能の向上と、800Vシステムを採用したより短時間での充電完了というような、本メディアにおいてもフォーカスしている電気自動車としての質であるそうですので、例えばスポーツセダンとして911に近しいようなパフォーマンス性能を秘めるタイカンとは全く異なり、やはり電気自動車としての質にフォーカスして開発されているということが伺え、このことからも今回のマカンEVというのは、真の意味で、ポルシェが持つ電気自動車の技術がふんだんに盛り込まれてくるのではないか、ということなのです。

何れにしても今回のアナウンスからようやく公道におけるテスト走行が開始され、ポルシェ曰くなんとグローバルで合計で300万kmにも及ぶ走行テストを実施するとアナウンスしていますので、その車両性能をしっかりと検証し、実際の生産に至るまでにはもう少し先となり、以前から噂されていた来年である2022年中の発売開始には間に合わず、2023年中の発売開始を予定しているとアナウンスされましたので、今後明かされるそのポルシェの威信をかけた電気自動車としての質、さらには今回のマカンEVに採用される電気自動車専用プラットフォームである、Premium Platform Electric、通称PPEプラットフォームを共用して開発され、おそらく兄弟車となると予測されている、アウディブランドのQ6 e-tronの開発状況などについても情報がわかり次第アップデートしていきたいと思います。

From: Porsche

Author: EVネイティブ